湾岸アラブ諸国と石油の出会いに関する歴史考察―クウェートとフランク・ホームズ大佐

こんばんは。今日も私の記事を訪問してくださりありがとうございます。

 

さて、中近東あるいは湾岸アラブ世界と聞いて、真っ先に思い浮かぶものは何でしょうか?

 

恐らく、多くの方が石油のことを思い浮かべるのではないかと思います。その一方で、湾岸アラブ世界でいつの時代に、どのような社会情勢の下で、誰によって石油が発見されたのか、そして発見された石油によって湾岸アラブ世界がどのような恩恵を受けたか、ご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか。

 

また、湾岸アラブ世界では石油大国としてサウジアラビアの存在があまりに突出しているので、他の国々での石油の発見の経緯や石油による恩恵について、ご存知の方は少ないのではないかと思います。

 

というわけで今回は、湾岸アラブ諸国と石油の出会いや石油発見による恩恵についてご興味のある方向けに、クウェートとフランク・ホームズの出会いについて、歴史考察の記事を書かせて頂こうと思います。

 

 

湾岸アラブ初の油田発見に貢献したフランク・ホームズ大佐

 

ニュージーランド出身のフランク・ホームズは、第1次世界大戦に陸軍将校として従事していた時から中東の石油に強い関心を抱いていた人物でした。陸軍で大佐の肩書を持っていたためか、第1次大戦後に民間人に戻った以降も、彼はフランク・ホームズ大佐と、大戦時の肩書を付けて呼ばれることが多い人物です。

 

フランク・ホームズ大佐が中近東に初めて直接関わったのは、第1次世界大戦後の1920年、イエメン共和国の港湾都市であるアデンで、薬局を開業したことが始まりでした。しかし、バーレーンで1932年6月に米国のソーカルことカリフォルニア・スタンダード石油が湾岸アラブ諸国初の油田を発見するきっかけを作ったことが、フランク・ホームズ大佐と中近東の石油の関わりの本格的な始まりでした。

 

 

クウェート首長との交渉代表となったフランク・ホームズ大佐

 

クウェートで最初の油田が発見されたのは1938年2月、バーレーンよりも6年遅れてのことになります。サウジアラビアやバーレーンでの王家との交渉など、湾岸アラブ諸国での油田の探索に精力的な姿勢を見せたフランク・ホームズ大佐でしたが、バーレーンでの油田発見の時と同様、彼個人での湾岸アラブ諸国での油田の探索は資金不足から結局うまく行きませんでした。

 

彼の会社であるイースタン・アンド・ジェネラル社と彼自身の生活が極貧に陥ったために石油利権の売却を試み、クウェートの油田探索に興味を持った会社が、バーレーンで油田を発見したソーカルの親会社である、アメリカのガルフ石油でした。ソーカルがバーレーンで油田探索を始めた1931年から、クウェートの当時の首長アフマド・アッジャービル・アッ・サバーハは、ガルフ石油から代表権を与えられたホームズ大佐と交渉に従事するようになります。

 

石油により著しい近代化を遂げたクウェートシティの中心部。

 

 

貿易と巡礼の中継地として商業を発展させたサバーハ王家

 

ペルシャ湾の一番奥まった場所にあるクウェートでは、バスラとメッカの間の貿易と巡礼のルート上にある中継地という好条件を利用して、長年商業が営まれてきました。遊牧民としてアラビア半島内陸部から移住し、クウェートの商業で勃興したのがサバーハ王家になります。

 

商業国家としてのクウェートの象徴とも言える大型ショッピングモール。

 

大型ショッピングモールの内部の光景。

 

サバーハ家によるクウェートの統治は1756年にオスマン帝国の下で始まり、1913年にはイギリスとオスマン帝国の間で協定が結ばれ、1914年にはイギリスの保護国、つまり植民地となります。現在のクウェート首長はサバーハ王家の第14代目に当たり、ホームズ大佐との交渉に従事したアフマド首長は第10代目になります。

 

スポンサーリンク


 

 

石油に強い関心を持っていたクウェートのサバーハ王家

 

クウェートのサバーハ首長は石油に強い関心を持っており、ホームズとの交渉にも精力的に従事しました。

 

というのは、30年代のクウェートも世界恐慌の始まりや、日本の御木本幸吉らによる養殖真珠の開発で、クウェート国内の主要産業である天然真珠産業が大打撃を受けるという、バーレーンと同様の問題を抱えていたからです。

 

それに加えて、イラクやサウジアラビアのような近隣の大国の脅威を抱えていたこと、にもかかわらずイギリスから外交政策上の支援を減らされていたこと、その上にバーレーンで油田が最初に発見され石油産業が勃興したことで、国内の経済・産業体制の転換を早急に迫られていたことも理由として挙げられます。

 

 

共同出資で設立されたクウェート石油による油田の発見

 

当初は、クウェートの油田探索はガルフ石油の独占になると考えられていましたが、バーレーンで1932年6月に油田が発見されたことで、イギリス傘下のアングロ・ペルシャ石油もまたクウェートの油田探索に強い関心を持つようになります。

 

両社とも当初は独占を求め、入札競争も全く決着がつきませんでしたが、最終的には協力することで合意し、半々ずつ平等に出資した共同事業として、クウェート石油が設立されました。1934年12月、ついにクウェート石油は75年に及び石油利権契約をアフマド首長との間に締結し、1938年2月、クウェートでも油田が発見されることになります。

 

クウェートの石油産業勃興も、バーレーンと同様にまさに絶妙のタイミングと言えるもので、国の発展は何がきっかけで左右するか、本当に分からないものです。

 

 

石油依存の脱却を掲げつつ石油の上に胡坐をかくクウェート

 

石油によって急速な近代化を遂げたクウェートもまた、近年の国際情勢の変化による石油の価値の低下に伴い、石油依存からの脱却を一応は掲げ始めました。しかし、油田の枯渇が間近と言われるバーレーンと違い、静岡県とほぼ同じ規模の小国でありながら200万バレル/日を超える石油生産量と、世界第4位の石油埋蔵量を誇るクウェートでは、石油の上に胡坐をかいているような傾向が強く、実際には産業の多角化もあまり図られてはいません。

 

クウェートの平和と発展の象徴である解放タワー。

 

金融都市としてのクウェートシティの象徴である証券取引所。

 

金融都市化を始め、石油に依存しない産業の多角化はこれからも一応掲げられはするものの、外国人労働者が国内人口の半数を超えているように、これからも外国人労働者と石油に依存した経済が続き、産業多角化に向けた政策と既存の経済の間で、現政府は難しい舵取りを迫られそうです。

 

 

平和な国の魅力を維持しつつクウェートには発展を続けてほしい

 

とは言え、サダム・フセイン流の恐怖政治にも、アルカイダやイスラム国流の無差別テロの恐怖にも汚染されてもいない、平和で豊かな国であることがクウェート最大の魅力です。同じく穏健な王政の国であるバーレーンと同様、この魅力はこれからも保持し続け、クウェートにはこれからもより良い方向に発展と変遷を遂げていってほしいものです。

 

 

参考文献

 

最後に、クウェートの歴史と今後の展望に関して、さらに詳しく知りたい方には、以下の参考文献をお勧めいたします。

 

 

今回の記事は主に、上記著書のうちの上巻を参考にさせて頂いています。

ダニエル・ヤーギン氏の著書は、クウェートやバーレーンのみならず、エドウィン・ドレークによるペンシルバニア州での世界初の油田の発見、ジョン・D・ロックフェラーによるトラスト結成とアメリカのオイルブーム、ナチスドイツや太平洋戦争と石油との関わり、中東での石油危機やアルジェリア独立戦争での石油を巡る裏事情など、石油に関連する世界各国の歴史に関する豊富なエピソードに満ちており、興味が尽きることがありません。未読の方には、是非一読をお勧めいたします。

 

 

また、石油の発見も含めたクウェートの通史としては、以下の新書をお勧めいたします。

 

日本の中東研究の第一人者である牟田口氏の著書なだけあり、ディルムン文明とファライカ島の関わり、シルクロード時代の東インドやローマとのつながり、サウジのイブン・サウドやオマーン海域の海賊との敵対関係、宮廷内クーデターによって実験を握ったカリスマ首長ムバラクなど、石油以外についても読み応えのある内容が豊富にあり、1965年の著書という古さを全く感じさせない内容になっていますので、クウェートの通史に関心のある方には、是非一読をお勧めいたします。

 

 

さらに、湾岸アラブ諸国における民主主義のあり方については、以下の参考文献をお勧めいたします。

 

こちらは湾岸アラブ諸国の民主主義の定着に向けた現状と課題についてまとめた著書であり、バーレーンに関しては、立法権を有する上院への国王の権限の強さ、マナーマやムハッラクと北部州や西部州との一票の格差、シーア派の反政府活動、などが民主主義の定着に向けた課題として挙げられています。民主主義の定着を巡り、湾岸アラブ諸国間でどのような温度差があるか、イスラムを国教に掲げる国にとって望ましい民主主義とは何か、を考える上で非常に示唆に富んでいるので、是非一読をお勧めいたします。

 

 

関連記事

 

湾岸アラブ諸国の近代都市の関連記事

 

石油の富を背景にして近代化を遂げつつ、石油の発見以前からのイスラム伝統文化も混在させている湾岸アラブ諸国の都市の光景に関しては、下記記事を併せてご参照ください。

 

 

 

湾岸戦争に関わる見所の関連記事

 

クウェートが湾岸戦争時にイラクの侵攻で受けた破壊の爪痕や、破壊されつつも現在は見事に復旧され人々の憩いの場になっている見所については、下記記事をご参照ください。

 

 

 

湾岸アラブと石油の歴史の関連記事

 

それぞれの湾岸アラブ諸国で石油がいつ頃、当時のどのような社会事情を背景にして発見されたのか、石油の発見にはどのような人物や会社が関わったのかの歴史考察については、下記記事を併せてご参照ください。

 

 

 

湾岸戦争の歴史的経緯の関連記事

 

湾岸戦争がなぜイラクに侵攻されることになり、戦時下のクウェートでどのような事態が生じたのか、その歴史的経緯については、下記記事をご参照ください。