こんばんは。今回の記事では、アイルランド共和国や北アイルランドの旅行記事の参考になればと思い、アイルランドの独立戦争と内戦、北アイルランド紛争に関連する映画を6本紹介させて頂きます。

アイルランドの独立戦争と内戦

(1) マイケル・コリンズ
同テーマでは、まずはニール・ジョーダン監督、リーアム・ニーソン主演の「マイケル・コリンズ」をお勧めいたします。

マイケル・コリンズ 特別版 [ リーアム・ニーソン ]
マイケル・コリンズ 特別版 [ リーアム・ニーソン ]

なぜコリンズがアイルランド独立戦争で、イギリスの要人暗殺を中心とするテロ路線に走ったのか、盟友であったはずのエイモン・デヴァレラやハリーとの内戦を契機とした決別、イースター蜂起やフォー・コーツ籠城事件を始めとする歴史的出来事など、独立戦争や内戦の経緯を素早く押さえるのにうってつけです。

ただし、史実とは異なる箇所が多々あるようなので、飽くまでフィクションとして割り引いて鑑賞するのが良いかと思います。

P8120167
マイケル・コリンズ主導のアイルランド自由国の行政府がかつて置かれていた現在の政府庁舎。

P8120096
籠城した共和派ゲリラにマイケル・コリンズ主導の自由国政府が砲撃を加えたダブリンのフォー・コーツ(最高法廷)。

P8110019
マイケル・コリンズらがイースター蜂起の拠点に利用したダブリン中央郵便局。

P8150627
エイモン・デヴァレラが投獄されたキルメイナム刑務所。

(2) 麦の穂をゆらす風
ケン・ローチ監督、キリアン・マーフィー主演の「麦の穂をゆらす風」もお勧めです。

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション
麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション

フィクションではありますが、独立戦争時には仲間だったはずの者たちが、内戦を契機に敵になってしまう経緯、親友や、恋人や、兄弟さえも内戦で殺し合う敵同士に転落してしまう悲劇を描いた映画として秀逸。重い映画なので気軽には観れませんが、深く考えさせられる傑作です。

北アイルランド紛争

(3) 父の祈りを
同テーマにて、カトリック側からIRAのテロを批判した映画としては、ジム・シェリダン監督、ダニエル・デイ・ルイス主演の「父の祈りを」がお勧めです。

父の祈りを
父の祈りを

IRAテロリストと間違えられ、無実の罪で投獄された親子を描いた、実話に基づくヒューマン・サスペンス。直接的には、テロ対策を巡るイギリス警察の腐敗を批判する内容ですが、IRAの無差別テロに対しても同じカトリックの立場から批判が加えられている姿勢は秀逸と言えます。

P8140248
北アイルランドの東ベルファストにある、イギリスの治安当局の本部が置かれていた高層ビル。

P8140268
北アイルランドの西ベルファストにある、カトリック地区のフォールズ通り。

(4) ボクサー
同じ監督&主演の「ボクサー」もお勧めです。

ボクサー [ ブライアン・コックス ]
ボクサー [ ブライアン・コックス ]

刑期を終えて出所した元IRAテロリストの主人公が、ボクサーとして再生を図るという内容。罪を背負いながら再生することは可能なのか、過去の清算とは何なのかについて、考えさせられる映画です。

(5) レクイエム
プロテスタントの側から、プロテスタント系テロ組織であるUVFを批判した映画としては、「レクイエム」がお勧めです。

【中古】DVD▼レクイエム【字幕】▽レンタル落ち
【中古】DVD▼レクイエム【字幕】▽レンタル落ち

過去に殺人を犯し、出所後は紛争解決のアドバイザーとして罪を償おうとするプロテスタントの加害者である主人公と、彼に最愛の兄を目の前で殺害されたカトリックの被害者を軸とした内容です。加害者役のリーアム・ニーソン、被害者役のジェームズ・ネスビットともに演技は秀逸。

ジム・シェリダン監督の映画もそうですが、カトリックにせよプロテスタントにせよ、双方の地区に住む人たちの全てが必ずしもIRAやUVFのような無差別テロ路線を支持しているわけではないことが、映画から読み取ることができ、それだけはせめてもの救いを感じます。

テロリズムに批判的な内容としてだけでなく、紛争後の加害者と被害者との和解とはそもそも何なのか、をテーマにしており、重い内容ではありますが、社会派映画としてお勧めです。

P8140321
北アイルランドの西ベルファストにある、プロテスタント地区のシャンキル通り。

(6) ブラディ・サンデー
この紛争のルーツ、歴史上の転機となった実際の出来事である「血の日曜日事件」をドキュメンタリータッチで紹介した映画としては、「ブラディ・サンデー」をお勧めいたします。

ブラディ・サンデー スペシャル・エディション [ ジェームズ・ネスビット ]
ブラディ・サンデー スペシャル・エディション [ ジェームズ・ネスビット ]

歴史に「もしも」はないと言われますが、「もしも」この「血の日曜日事件」が起こらなかったなら、その後の紛争も違ったものだったかもしれません。

「ボーン・アルティメイタム」や「ユナイテッド93」等で有名なポール・グリーングラス監督の作品なだけあって、被害者側に重きを置きつつも、イギリス軍側を一方的に不当に非難することのない、客観的な内容に仕上がっており、優れた社会派作品としてお勧めです。

DVDの購入を躊躇される方はレンタルで

いきなりの購入を躊躇される方は、TSUTAYA、ゲオ、DMMなどの宅配サービスでレンタルできますので、下記サイトより検索してレンタルしてみてください。
DVD&CD無料で借り放題!
ゲオ宅配レンタル

【DMM.com】DVD&CDレンタル【1ヶ月無料キャンペーン中】


いずれの宅配サービスでも、わざわざ店舗に行くよりはレンタル費を安く済ませられますので、DVD鑑賞を安上がりに行われたい方は活用してみてください。

関連記事

アイルランドのダブリンに旅行した際の見所については、以下の記事をご参照ください。
カテゴリ:アイルランド > ダブリン
また、北アイルランドのベルファストに旅行した際の見所については、以下の記事をご参照ください。
カテゴリ:北アイルランド > ベルファスト