アイスランドの産業の発展の歴史を、海洋博物館の展示から読み解く

こんばんは。今日も私の記事を訪れてくださりありがとうございます。

 

さて、アイスランドという国に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

恐らく、多くの方々は、火山や氷河といった、壮大な大自然のイメージをアイスランドに対してお持ちかと思います。

 

確かに、壮大な大自然はアイスランドの大きな見所ですが、過酷な大自然を持つ環境の国で人々が営んできた産業を記録した博物館の充実もまた、アイスランドの隠れた見所の1つです。

 

そうした、過酷な環境下でアイスランドの人々が営んできた主力の産業の1つが漁業であり、首都レイキャビクの海洋博物館では、漁業の歴史に関する記録がとても充実しています。しかし、漁業の発展がもたらす波及効果は単に漁業の発展だけには留まらないと気が付いたことは、海洋博物館の見学での最も大きな発見でした。

 

というわけで、今回の記事では、漁業を含めたアイスランドの産業史に関心をお持ちの方向けに、レイキャビク海洋博物館の展示に基づき、漁業の近代化と共に大きく発展したアイスランドの様々な関連産業の歴史について書かせて頂こうと思います。

 

 

漁業の発展の延長線上にあるアイスランド産業の現在

 

10世紀の植民以来、農業や畜産業と並んで、漁業はアイスランドの主産業でした。今も漁業はアイスランドの主産業ですが、その一方で20世紀からの工業やサービス業の発展に伴い、GDPに占める漁業の割合は、20世紀半ばには40%近くありましたが、現在では10%まで低下しています。

 

しかしながら、20世紀以降の工業やサービス業の発展もまた、1905年にイギリスから初のトロール漁船が伝わり、底引き網を用いてより深い水深と広大な海域での漁業が可能になり、漁獲量が拡大し、漁船が大型化・近代化したことに起因しています。

 

アイスランドおよび北欧で20世紀初頭に使われたトロール漁船。

 

トロール漁船の誕生以前にアイスランドで使われていた木造漁船。

 

即ち、アイスランドの産業の現在の姿は、トロール漁船による漁業の発展と近代化の延長線上にあると言っても過言ではありません。

 

ちなみに、工業とサービス業の割合が増加し、農林水産業が減少するという構図は日本も同じですが、日本の場合、農林水産業の割合は1%にまで低下しているので、日本に比べると、アイスランドはまだまだ基幹産業としての漁業が健在だと言えます。

 

 

関連産業の発展に波及効果をもたらしたトロール漁船

 

1905年にイギリスからアイスランドに初めて伝わったトロール漁船は、以後漁船の大型化と近代化、漁業技術の発展に大きく貢献しただけでなく、様々な関連産業の発展に波及効果をもたらすことになりました。

 

海洋博物館の2階の展示スペースには、トロール漁船そのものの展示以外に、関連産業についても多数展示されています。

 

 

航海用具の発展に伴う工場の建設と作業場の整備

 

トロール漁船によって航海技術が発展したことで、コンパス(羅針盤)を始めとする様々な用具が誕生し、またそれらの用具を製作、改造、修理するための工場も次々に建設され、作業場も整備されることになりました。

 

こちらはコンパスの製作、改造、修理を専門に行っていた、アイスランド有数のメーカー(Konni the Compass)の工場内の作業場の模造展示になります。同社は1928年から今日に至るまでコンパス専門のメーカーとして、アイスランドの漁業に貢献してきました。

 

こちらは、山頂や陸地の突出部、太陽や月の動きから現在の方位を知るコンパスと、漁船の速力と航程を測る測程儀の展示です。

 

もちろんコンパス以外にも様々な航海用具が館内には展示されています。

こちらは、水中の音波から水中と水底にある物体の情報を知る、いわゆるソナーこと1939年製作の音響探索機と、1940年に製作された位置調整器の展示です。

 

エンジンの回転速度や漁船の進行方向を主機関室から制御するためのエンジンテレグラフと、ボイラーの圧力や温度を測定するための計測盤の展示もあります。すぐ横にはボイラー室で作業に従事した当時の船員の写真もあります。

 

 

漁網およびボビンなどの漁業用具の発展

 

もちろんトロール漁船と共に発展したのは、漁網やボビンなどの漁業用具も同様です。

 

トロール漁船の発展と共に誕生した、20世紀初期の麻繊維製の漁網の展示です。

 

展示のすぐ横には、漁網を手作業で製作する当時の大勢の女性たちの写真もあります。

 

そして漁網と共に誕生し発展した、ボビンやスペーサーなどの展示もあります。

 

漁網が海底と接する位置に取り付けるボビンや、大型のボビンとボビンの隙間に噛ませるスペーサー、漁網を海底に降ろすためのチェーンブロックやタックルといった、様々な漁業用具が館内に展示されています。

 

展示のすぐ横には、1910年から操業が開始された、ボビンおよびトロール漁船のドアの製作工場の写真があります。現在に至るまで、繁忙期にはシフト制で24時間フル稼働をしていることもあるようです。

 

スポンサーリンク


 

 

冷蔵設備や調理加工設備の開発と発展

 

トロール漁船の発展と共に、1940年以降は冷蔵設備や調理加工設備も開発され、そのための用具も発展することになりました。

こちらはまだ冷蔵設備が整備されていなかった1915年に、冷蔵用の氷を湖からかき集める当時の船員たちの写真です。

 

しかし1940年以降の工場や設備の開発と普及により、こうした手間のかかる作業はほぼ不要になりました。

 

 

 

1940年以降の冷凍設備や調理加工設備、従業員たちの写真になります。

 

 

 

写真の傍には、もちろん実際の冷凍や調理加工の用具の展示もあります。

 

 

救命用具の開発と発展

 

さらに、航海中の事故の防止と減少を図るため、1928年からはライフジャケットや浮き輪などの救命用具の開発も始まりました。

 

開発当時の救命用具も展示されています。

 

 

アイスランド銀行および金融業の発展

 

さらには、主産業である漁業の発展は、アイスランド銀行を始めとする金融業の発展にもつながることになりました。

誕生当初のアイスランド銀行員たちの写真です。

 

アイスランド銀行は1904年に設立され、トロール漁業の従事者への一番の融資銀行でした。トロール漁船による漁業の発展は、アイスランド銀行からの融資があってこそだったと言えます。

 

当時のアイスランド銀行の株式や債券の展示もあります。

 

 

さらに、トロール漁業従事者への融資を記録した帳簿や、証憑を発行する際に用いられた当時のタイプライターなども展示されています。

 

 

主力産業の転換に伴いアイスランド産業はどうなるか

 

今なお漁業はアイスランドの基幹産業ではあるものの、20世紀半ば以降、GDPに占める漁業の割合は年々低下し、タラなどの主力の魚の漁獲量が減少が、それ魚の価格の上昇、輸出量や国内での消費量の低下をもたらす結果となっています。

 

また、漁業と共に発展した金融業ですが、2008年の世界金融危機は、アイスランドにも複数の銀行の倒産と国有化、通貨市場の閉鎖、国家財政の破綻を引き起こし、政府や金融機関に対する国民の根強い不信を生むことになりました。経済が大幅な回復傾向にある現在でも、金融業界はまだまだ再編の途上にあります。

 

アイスランドの主力産業は現在、観光業や再生エネルギー事業にシフトしています。1つの産業の動向が周囲の産業に思わぬ波及効果をもたらすものなので、新産業が漁業などの既存の産業とどのような相互作用を起こし、アイスランドの産業が今後どのような変遷を遂げるのか、良い方向への変遷を期待しつつ、今後も注視していきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

レイキャビク海洋博物館の各種情報

 

入場料

 

博物館内部だけの見学はkr1500。オージン号の船内ツアーだけでもkr1500。博物館見学+オージン号ツアーのセットであればkr2200。

 

 

開園時間

 

博物館の開放時間は10時~17時。オージン号の船内ツアーは13時、14時、15時の3回。

 

 

アクセス

 

14番の市内バスのグランダガズル(Grandagazur)のバス停から徒歩1分。

 

バス停から見た博物館の外観。

 

博物館の港側に停泊している沿岸警備艇オージン号の外観。船内ツアーは今回は時間が合わず果たせなかったので、次回のお楽しみにしたいと思います。

 

 

レイキャビクでの市内バスの乗り方

 

市内バスの乗車券の購入場所は少なく、ケフラヴィーク国際空港の他、10-11というスーパーマーケットでも購入できます。1回だけの乗車券はkr440、1日券はkr1500、3日券はkr3100になりますので、滞在中の乗り降りの頻度に合わせてご活用ください。なお、運転手から現金で乗車券を購入することもできますが、お釣りが出ませんのでご注意。

 

10-11スーパーマーケット。緑色の看板が目印。

 

レイキャビク市内のバス。どの路線のバスも一様に黄色い車体です。

 

市内バスの路線図は、上述のケフラヴィーク国際空港や10-11スーパーマーケット、あるいは滞在中のホテルでも入手可能なので、目的地の最寄りのバス停をご確認の上、該当する路線バスをご活用ください。

 

市内中心部にあるライキャルトルグと、ケフラヴィーク国際空港と市内を結ぶフライ・バスの発着するBSIバスターミナルに行くには、主に1番、3番、6番の市内バスを使います。バスの本数はどの路線も1時間に4本程度です。

 

 

周辺地図

 

 

 

(参考に)アイスランドの各種情報

 

航空券

 

日本からの直行便はありません。東京(羽田or成田)からだとパリ、コペンハーゲン、ヘルシンキ、アムステルダム等の経由便があり、乗継地までは約12時間、そこからレイキャビクまで3~4時間程度の移動となるため、乗継の待ち時間を含めて約20時間かかります。

航空会社はエアフランス、スカンジナビア航空、フィンランド航空、KLMなど。

 

航空運賃は28万円~35万円が目安ですが、GW休暇や盆休みなどの連休や、航空会社の時間帯によって航空運賃が40万円近くまで跳ね上がることもあるのでご注意。

 

詳しくは、HISやスカイチケット、エクスペディアなどで航空券の検索を。
海外旅行はエイチ・アイ・エス

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

 

 

ビザ

 

3か月以内の滞在であればビザは不要。ただしパスポートの有効期限が、アイスランドを含むシェンゲン協定加盟国出国時に3か月以上残っていることが必要となります。それ以上の滞在や留学などはビザが必要であるため、駐日アイスランド大使館などでご確認を。

 

 

言語

 

公用語はアイスランド語ですが、英語の通用度は非常に高く、市内バスやタクシーでも普通に英語が通じます。交通標識や案内掲示板などにもアイスランド語と英語が必ず併記されているため、英語が話せれば不自由に感じることはありません。

 

 

通貨

 

通貨単位はクローナ(単数)とクローヌル(複数)。現地表記はkr。kr1が約1円程度に相当。

 

 

時差

 

日本よりマイナス9時間。

 

 

宿泊施設

 

安価なホテルであっても最低15000円/泊はかかり、そこそこ設備の良いホテルだと20000円/泊以上かかります。ホテルに限らず、1食最低5000円以上かかる食費や交通費など、アイスランドでは全般的に物価が高いです。

 

10000円/泊未満で泊まれるホテルもありますが、寒いのに暖房が使えなかったり、市内中心部に行くのに市内バスで20分以上かかってアクセスが不便だったりといった難点があるので、あまりお勧めはしません。

 

ホテルの条件(Wi-Fi、冷蔵庫、エアコン、目的地へのアクセス等)をよくご確認ください。夏季や冬季の長期休暇が近づくほど宿泊費が高くなるため、早めに予約するようにしてください。詳しくはエクスペディアやBooking.com、トリップアドバイザー等で検索を。
リアルタイム空室確認が分かりやすい!エクスペディアの海外ホテル
海外ホテル検索、Booking.com
TripAdvisor (トリップアドバイザー)

 

レイキャビク海洋博物館の関連記事

 

海洋博物館のメインの展示は漁業の発展の記録ですが、漁業の発展がもたらす波及効果は、単に漁業の発展だけには留まりません。本記事も含めた、そんな海洋博物館のいくつかの見所については、下記記事も併せてご参照ください。