こんにちは。前回に引き続きフィリピンのイントラムロスについて。今回は植民地時代のスペイン人の特権階級の暮らしぶりが伺える、カーサ・マニラ博物館についての記事を書かせて頂きます。

スペイン人の億万長者ぶりが伺える建物の外観

カーサ・マニラ博物館は前回の記事で紹介させて頂いたサン・オウガスチン教会のすぐ隣にあり、建物の外観はこんな感じです。
P9190103

P9190107

P9190101

P9190102

P9190106

P9190100

P9190104
外観だけを見ても、かなりの億万長者でない限り住めない住居であることが見て取れます。

外観以上に贅沢ぶりが伺える建物の内部

内部はこんな感じで、外観以上に贅沢な造りです。
DSCF0799

DSCF0796

DSCF0798

DSCF0797

DSCF0795

DSCF0794

DSCF0793

DSCF0792

DSCF0800

DSCF0801
ダイニングルーム、リビングルーム、寝室に至るまでかなり凝った造りを施されていて、イントラムロス屈指の見所ではあるのですが、今も昔もフィリピンの多くの人たちが極貧に喘いでいる中で、スペインの人たちがいかに贅沢を極めた暮らしをしていたかが一目瞭然で、いささか呆れてしまいます。

スペイン時代の文化が根付いたことを示すカーサ・マニラ博物館

とはいえ、このカーサ・マニラ博物館はスペイン統治時代の歴史を知るための貴重な場所で、イントラムロスの文化の一部であることは間違いありません。この建物もまた第2次世界大戦当時に破壊され、戦後に修復されたものです。

好む好まざるにかかわらず、スペイン時代の文化遺産が長い年月を経てイントラムロスに根付いていることが見て取れる好例なので、一度は是非訪れてみてください。

入場料

75ペソ

開園時間

火曜日~日曜日の9時~18時。月曜日と祝日は休館。

アクセス

リサール公園からトライシクルで7~8分ほど。イントラムロス内はかなり広く、複数の見所を徒歩で回るのは至難の業なので、トライシクルを利用して見所を効率よく回られることをお勧めします。トライシクル料金は最低でも40ペソ、時間と見所を踏まえて運転手と要交渉。

限られた時間で複数の見所を回るにはベルトラで

非常に時間が限られている中でイントラムロス内の複数の見所を回られたい方には、ベルトラの現地発ツアーの参加がお勧めです。ホテルへの送迎がありますし、何より日本語で申し込んで日本語のツアーに参加できるので、とても安心感があります。ただし、ツアー時間が半日と短いため、1つ1つの見所の見学に費やせる時間は少ないという欠点があります。下記リンクよりご検索・ご予約ください。
24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱VELTRA

ベルトラの現地発オプショナルツアーのメリットとデメリットに関しましては、ブログ内の下記の別記事をご参照ください。
現地発オプショナルツアーの適度な活用について

周辺地図

 
 

(参考に)フィリピンの各種情報

 

航空券

 

東京(羽田or成田)~マニラまで直行便で約4~5時間。航空運賃は5万円~6万円。航空会社はフィリピン航空が殆どです。JALやANAの直行便もありますが、便数が少なく、航空運賃が最低1万円~2万円はフィリピン航空より高くなります。関空、福岡などからも直行便があります。

 

時間は直行便よりかかるものの、香港経由のキャセイパシフィック航空や、ソウル経由の大韓航空など、航空会社によってはフィリピン航空の直行便より5千円~1万円ほど安くなるものもあります。GW休暇や盆休みなどの連休には航空運賃が跳ね上がることもあるのでご注意。

 

詳しくは、HISやスカイチケット、エクスペディアなどで航空券の検索を。
海外旅行はエイチ・アイ・エス

海外格安航空券を探すなら スカイチケット!

【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

 

 

ビザ

 

30日間以内の滞在であればビザは不要です。31日以上滞在する場合、59日間有効のツーリストビザを取得でき、1回目は29日まで、2回目以降は1か月ごとの延長申請が可能です。詳しくは在日フィリピン大使館などでご確認を。

 

 

言語

 

公用語は英語とタガログ語。フィリピンはアジアで一番英語の通用度が高い国です。100以上の民族から成る多民族国家なため、タガログ語も含めて全国で80前後の言語が使われています。

 

 

通貨

 

1フィリピノ・ペソが2~3円程度に相当。

 

 

時差

 

日本よりマイナス1時間。

 

 

宿泊施設

 

ドミトリー等を使えば1泊1000円~2000円代でも宿泊可能。ゲストハウスなどの低価格のホテルが1泊3000円~4000円、設備のそこそこ整った中級以上のホテルだと1泊最低4000円以上はかかります。

 

フィリピンは物価が安いため、安価な宿泊施設がマニラの中心部でも多数あります。

 

ホテルの条件(Wi-Fi、冷蔵庫、エアコン、目的地へのアクセス、朝食の有無等)をよくご確認ください。特に、フィリピンは常夏の国なので、エアコンと冷蔵庫は必須と言えます。夏季や冬季の長期休暇は宿泊費が高騰しがちなので、その点も併せてご留意ください。

 

詳しくはエクスペディアやBooking.com、トリップアドバイザー等で検索を。
リアルタイム空室確認が分かりやすい!エクスペディアの海外ホテル
海外ホテル検索、Booking.com
TripAdvisor (トリップアドバイザー)