チャイナタウンに住む中国人の心の拠り所

前回までと同様タイのお寺について、今回はバンコクのチャイナタウン在住の中国人にとっての心の拠り所とも言える寺である、ワット・トライミットの記事を書かせて頂きます。

本堂を中心とする城下町

ワット・ファランポーンと同様、このワット・トライミットもまた、本堂を中心とする城下町としての要素が強い寺です。

P3160010
階段の途上から見たワット・トライミットの本堂と、参拝を終えて降りてくるインド人?のような外国人たち。チャイナタウンの中国系住民だけでなく、外国人参拝者も多数訪れるのがタイのお寺の特徴です。

P3160005
麓から見た本堂の様子。麓には参拝者に線香を渡すための屋台などがあります。

P3160029
同じく麓から見た、本堂の最上階の様子。

P3160021

P3160022
最上階から見た本堂の様子。

P3160017
同じく最上階にある東屋?らしき建物。

P3160002
同じく最上階にある、本堂とは別の参拝用の建物。

P3160003
金箔塗りの仏像がとても立派です。

ちなみに、撮影が禁止されていますが、本堂の仏像は輝く黄金でできています。かつてはビルマ軍の略奪を防ぐために、漆喰で覆われていたのだとか。

P3160019

P3160020
本堂の最上階から眺めた境内の様子。様々な建物と数多くの人たちがいて、紛れもなくタイのお寺というのはコミュニティであり、本堂を中心とする城下町であることが実感できます。

P3160006

P3160007
麓の屋台にある仏像群。可愛らしい仏像や、猿のような表情をした仏像など、日本では見られないユニークな姿形の仏像がたくさんあります。

P3160013
麓の屋台の中にある参拝所。本堂と同様、こちらにもコミュニティの外から若い人も含めたたくさんの参拝者が日々訪れています。お寺はコミュニティの人たちや中国系の人たちだけでなく、バンコク市民にとってなくてはならない心の拠り所なのですね。

P3160014
参拝者用に用意された数々の花。とても綺麗ですね。

異国での心の拠り所としてタイのお寺のご活用を

このワット・トライミットはチャイナタウンの住民だけでなく、タイ国内外の中国人の心の拠り所であり、タイ国外からも多数の中国人が参拝に訪れます。一方で上述の通り、ワット・トライミットに参拝する外国人は決して中国人だけであるわけではありません。

タイのお寺には人々が集うコミュニティとしての役割があるので、異国での長期の赴任や出張や旅行でもし心細くなった時には、心の拠り所としてタイのお寺を活用してみることをお勧めいたします。

入場料

本堂の黄金仏像参拝に40バーツ、博物館(ワット・トライミットの歴史とバンコクのチャイナタウンに関する資料多数あり)の見学に100バーツ必要。境内に入場するだけであれば無料。

開園時間

毎日8時~17時
(黄金仏像と博物館は火曜日~日曜日の8時~16時半。月曜は休み)

アクセス

MRTファランポーン駅の1番出口もしくはタイ国鉄クルンテープ駅から徒歩4~6分、あるいは水上交通チャオプラヤー・エクスプレスのN5ラーチャウォンから徒歩10分ほどの所にあります。水上交通についてはチャオプラヤー・エクスプレス路線図を、MRT/BTSについてはバンコク市内路線図をご参照ください。

周辺地図

(参考に)タイの各種情報

■航空券
東京(羽田or成田)~バンコクまで直行便で約6~7時間。航空運賃は4万円~7万円。航空会社はタイ国際航空、JAL、ANA(スワンナプーム国際空港着)、エアアジア(ドンムアン空港着)など。関空、福岡、仙台などからも直行便があります。GW休暇や盆休みなどの連休には航空運賃が跳ね上がることもあるのでご注意。乗継便は、時間がかかる上に運賃も却って高くなるのであまりお勧めしません。
エアアジアが一番格安ですが、他の航空会社便と空港が違い(市内へのアクセスが不便)、荷物制限があったり、食事や飲料が運賃とは別料金だったりするのでご注意ください。
詳しくは、HISやエクスペディアで航空券の検索を。
海外旅行はエイチ・アイ・エス

【航空券+ホテル】海外旅行エクスペディア★パッケージツアー

■ビザ
観光目的で、入国後30日(29泊30日)以内に出国する航空券を予約・所持していればビザ不要(陸路や海路で入国する場合は15日まで)。それ以外は原則ビザが必要なため、在日タイ大使館などで確認を。

■言語
公用語はタイ語。英語は観光客向けのホテルやレストランでは通じますが、一般の通用度は低いです。

■通貨
1バーツが3~4円程度に相当。

■時差
日本よりマイナス2時間。

■宿泊施設
ドミトリー等を使えば1泊1000円未満でも宿泊可能。1泊3000円も出せばそこそこ設備の良いホテルに泊まれます。詳しくはエクスペディアで検索を。
リアルタイム空室確認が分かりやすい!エクスペディアの海外ホテル