こんばんは。今回の記事も前回に引き続きポーランドについて。今回からかつてのポーランド王国時代の王都である、古都クラクフについて紹介させて頂きます。

世界遺産に認定されるだけあって、クラクフはとても美しい都市であり、なおかつアウシュビッツやヴィエリチカ岩塩抗といった他2つの世界遺産にもアクセスが便利なので、ポーランドの観光においては絶対に外せない場所かと思います。第2次世界大戦の戦禍を奇跡的に免れ、中世そのままの美しい街並みが奇跡的に残った都市ではあるものの、このクラクフも歴史的には、大国による度重なる分割・占領支配や、戦時中はナチスの総督府が置かれ、戦後はソ連に支配されるなど、苦しい歴史を辿ってきました。過去に苦難の歴史に見舞われた分、今のクラクフが尚更美しい場所に感じられるのかもしれません。

今回は古都クラクフで歴代国王が居住した、ヴァヴェル城について紹介させて頂きます。
P5020375
ヴィスワ川の対岸から眺めたヴァヴェル城。中世からそのままの形を残したとても幻想的な美しさを持つ城です。

P5020338

P5020337
こちらは同じヴァヴェル城を、ヴィスワ川よりも北側の、旧市街にあるヴァヴェル公園側から眺めた光景です。人間と対比すると、城の高さが一目瞭然ですね。

P5020357
城内にある、旧王宮です。この日は残念ながら休日で、王宮内には入れなかったので、外からの写真のみとさせて頂きます。

P5020354
旧王宮の中庭です。この王宮は16世紀に、ジグムント1世によって建てられました。ヴァヴェル城の建物全般に言えることですが、数世紀に渡る複数の建築様式(ゴシック、ルネッサンス、バロック)の融合と、この城が建てられた14世紀から16世紀にかけての、ヤギェウォ王朝の栄華を垣間見ることができる、とても美しい建物となっています。
P5020347
こちらはビジターセンター。王宮や博物館のチケットも売られています。

P5020363

P5020364

P5020367

P5020368

P5020371
城も美しいですが、花壇の花々もとても綺麗です。チューリップが一番多いですね。

その他、城内にある建物を以下適当に。
P5020353

P5020346

P5020352

P5020373

そして城内で最大の見所は、3つの礼拝堂を持つこちらの大聖堂でしょう。
P5020356

P5020350
ヴァヴェル城自体の着工は14世紀から始まりましたが、この大聖堂が最終的に完成したのは16世紀でした。金色のドーム、ジグムント・チャペルは、ジグムント1世の要請で建てられた、大聖堂の中で最も新しい建物です。16世紀末にポーランド王国の王都はワルシャワに移りましたが、戴冠式や国王の葬儀は伝統に乗っ取り、このヴァヴェル城の大聖堂で代々行われました。数世紀に渡る歴史の長さも然ることながら、ゴシック、ルネッサンス、バロックの様式が見事に融合したこの大聖堂は、世界遺産で
あるヴァヴェル城に恥じない美しさを誇っています。

P5020344

P5020361
大聖堂の中で最も高い礼拝堂の最上階に、ジグムント王の鐘があります。この鐘は当時から現在に至るまで、ポーランド最大の鐘とされており、左手で触ると幸せになれると伝えられています。ローマ法王のクラクフ訪問時など、特別な日に限り、クラクフの長老たち数人がこの鐘を鳴らします。

P5020359

P5020362
大聖堂の最上階から眺めたクラクフ旧市街の光景。ヴァヴェル城同様、世界遺産に相応しい美しい街並みです。車が止まっていなければ、思わず数世紀前にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えてしまう景色です。古い階段を最上階まで登るのは少し大変でしたが、登ってよかったと思います。

一通り城内の見学を終え、再びヴィスワ川に降りた後に再度ヴァヴェル城を眺めます。
P5020374
やはり世界遺産に相応しい、思わず息を呑むほどに壮大な美しさです。

ポーランド王国は18世紀前半に党派対立で内政が混乱し、18世紀末にはロシア、オーストリア、プロイセンの三国による分割で消滅してしまい、その後に独立国としてのポーランドが再生するには1918年の第一次世界大戦終結まで待たねばなりませんでした。その第二次共和制国家としてのポーランドも1939年のナチス・ドイツによる侵略でまたも消滅してしまい、戦後は事実上ソ連の支配下に置かれ、自由で民主的な第三次共和制国家を取り戻すには、1989年まで待たねばなりませんでした。

ポーランドというとどうしても大国に分割・占領支配されたマイナスイメージがつきまといますが、そんなポーランドにもカジミェシュ三世やその後のヤギェウォ王朝時代のように、栄華を誇り、それでいて国民が国王を選挙で直接決めるような開かれた時代が何世紀も昔にあった。このヴァヴェル城はまさにそうしたポーランド王国の栄華と開かれた社会の象徴と言えるもので、それに相応しい美しさを誇っています。